ロゴ

幼稚園の先生になるための基本的知識[求人探しの前に覚えよう]

幼稚園の先生になりたい

子供が好きな人にとって幼稚園の先生というのは、憧れの職業です。しかしながら、すぐに幼稚園の先生になれるわけではありません。ある条件を満たす必要があります。

幼稚園の求人に挑戦するうえで頭に入れておくべきこと

女の人

幼稚園教諭になるためのルート

幼稚園の先生になるには、必ず免許を取得する必要があります。免許を取得するためには、幼稚園教諭の養成課程がある大学や大学院、もしくは短大を卒業するか、保育士の資格を取得して3年以上実務経験を経て、幼稚園教諭の認定試験を合格するというルートがあります。

先生と子供

免許を取得後のルート

幼稚園教諭の免許を取得しても、まだ幼稚園で働くことはできません。幼稚園には公立と私立に分けられていますが、働くにあたり、必ず採用試験を受けることになります。幼稚園によって、どのような試験になるのか異なりますが、筆記試験や面接のほかに、ピアノ演奏などの実技試験があります。

履歴書

就職活動を有利にするために

就職活動をするにあたり、なるべく採用側へ良い印象を持ってもらいたいものです。一つのポイントとしては、幼稚園で実習を受けることでしょう。このような人は比較的採用される可能性が高いです。また昔通園していた幼稚園へ就職希望する場合も、採用されやすい傾向にあります。神奈川周辺には、多数の求人がありますので、もし自身が通っていたところがあれば、応募してみるとよいでしょう。

レディ

保育士の資格持っていると便利

現在の日本では少子高齢化が急速に進んでいます。それに伴い、幼稚園教諭には教育だけではなく、保育のスキルも要求されることが予想されます。そのため、保育士の資格を持っていると、将来の職の選択の幅が広がるでしょう。活躍の場を拡げるためにも、保育士の資格の勉強をしておくと良いかもしれません。

[PR]
保育士の求人は東京にもある?
キャリアアップしたいなら必読!

幼稚園の先生になるメリット

男女

子供の成長を見ることができる

幼稚園教諭は、子供に対して教育をする職業です。子供の成長は早いもので、昨日できなかったものが、翌日にはできるようになっていることも多々あります。できることが増えたことの喜びを一緒に分かち合うことができるのは、何よりのやりがいでしょう。

保護者からの信頼を得られる

子供が成長している姿を見られることは、保護者にとってとても嬉しいものです。子供が成長した姿を見て、保護者から感謝されるでしょう。人から感謝されると嬉しいですし、自信がつきます。

手先が器用になる

仕事をしていくうえで、絵を描いたり、壁に子供を楽しませるものを飾ったりします。これを日々実施していくと、手先が器用になり、作業をするのが苦にならなくなります。

自然と笑顔になれる

子供は笑顔で接してきます。そのため、先生側も笑顔で接しないと、子供は不安な気持ちになってしまいます。自然な笑顔でいれば、子供は安心していられるのです。

就職活動が不安な方のために

就職活動は、今後の人生を決めるうえでとても重要なものです。不安も多いことでしょう。そんな方のために、幼稚園の先生になるうえで、疑問に思いそうなことを取り上げました。これを見れば不安は払拭することでしょう

[PR]
神奈川で幼稚園の求人を調べる
応募内容を確認しちゃおう

幼稚園教諭になるにあたり疑問に思いがちなこと

女性

免許更新は必要ですか?

免許更新は必要です。終了確認期限が2年以内ならば、更新するために必要不可欠である講習を受ける必要があります。